« 値上がりの春 | トップページ |  雨 »

2015年4月 9日 (木)

カササギ

今月は暇なのである。
ブッくおフの108円コーナーで、文庫本を二冊買う。
 
一冊は、ますむらひろしの銀河鉄道の夜。アニメ映画にもなった、登場人物はすべて猫の作品。大判の初版本も持っているけど、車に置いとく用に購入(直ぐには読まない)。 
 
もう一冊は、カバーが白いお饅頭の写真の『和菓子のアン』坂木司、初めての作家だ。
 
デパ地下の和菓子屋のバイト梅本杏子が、和菓子の名前や由来を一つづつ覚えながら成長していく話。2話目に『星合(ほしあい)』て上生菓子が登場する。黒い餡にポツリと鳥が浮かんでいて透明な寒天を流しただけの『星合』。年に一度、彦星と織り姫のために天の川に橋を掛けるカササギをあらわしているのだという。
 
カササギ…秋田には居ない鳥だから見たことないけど、聞き覚えがあるぞ。
 あぁ、そうだョ~!
銀河鉄道の夜に登場する鳥だ。
 
『カササギですねぇ。カラスに似てるけど、頭の後ろのとこに毛がピンとのびていますから』
そう説明するのは、沈没する客船から幼い二人の子供達を引率してきた家庭教師の男性。彼もまた、カンパネルラ達とともに銀河鉄道でいってしまう。
 
 
 
 カササギ
  見てみたいなぁ。

|

« 値上がりの春 | トップページ |  雨 »

見たョ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 値上がりの春 | トップページ |  雨 »