« 味噌仕事⑤ | トップページ | 盛 »

2015年3月 2日 (月)

かぼっこ余談。

数年前のこと地元秋田のラジオ番組で『車の泥除けに付く雪の塊』を何と呼ぶかがテーマになったことがある。
 
スキー板や下駄の底にも雪の塊が付くが、ぼっこ・ごっぱ・がっぱ…など、県内でも地域によって呼び名は様々。人気投票の結果『カー(車)ぼっこ』に決まったが、その際『昔、ボッコ靴という生ゴム製の長靴があって…』とリスナーからコメントがあった。
 
珍しい物好きな私は、県内外の知人に『知ってる?』と問い合わせてみた。すると、姉が『湯沢(秋田県)のタジリ靴店に在庫があるらしい。2万円超だけど、本気で買う気があるか』と連絡をくれた。
 
いくら物好きでも
買うにはお高過ぎ~(涙)
 
 
 
ボッコ靴の存在を忘れかけていた頃、目屋の砂川学習館(青森県)の展示品のなかにボッコ靴を見つけた時は、天にも昇る気分だった。
 
あれから数年…。
今回タイマグラ(岩手県)で、しかも現役のボッコ靴に巡り会えたのは幸運としか言いようがない。

|

« 味噌仕事⑤ | トップページ | 盛 »

五十路の常日頃」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 味噌仕事⑤ | トップページ | 盛 »