« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

今年もお世話になりました。

この一年のいろさまぶりばりを振り返りつつ、こっ恥ずかしさの数々に冷や汗かいております。
 
そんな気持ちとは裏腹に
あまりに穏やかな大晦日

皆様どうぞよいお年をお迎え下さい。

| | コメント (2)

2013年12月25日 (水)

尾頭付き

宿の人には話していませんでしたが、この日は誕生日。
 
偶然とはいえ、半世紀以上生きてきて誕生日に初登場

 『鯛の尾頭付き』

お酒もいただいちゃった。
 
 
 
ひとつ歳を重ねるごとに今あることの幸せに感謝しつつ、やはり酔いつぶれてしまったのでした。

| | コメント (4)

2013年12月24日 (火)

十三夜

お気に入りだった古民家民宿が休業して、はや2年。
 
新しいオーナーが民宿を再開したと聞き、お泊まり忘年会に行きました。立派な梁も大黒柱も健在でしたが、ただいま少しずつ改装しているとのことで次に行くのが今から楽しみです。

晩ご飯にでた『お肉』
柔らかくて美味しうございました。

| | コメント (0)

2013年12月22日 (日)

冬至南瓜

鍋を使わず
レンジで3分チンを3回
 
 砂糖控えめ塩少々

冬至の日に作ったから
 風邪予防になるぞ~。
 
 
 
実はコレ、山仲間宅のコンポストと茅葺き犬小屋の間に生えていた
 手乗りサイズ南瓜。

ほくほくで美味しい!
 
もちろん
種は、またコンポストの脇に埋めておいた。

| | コメント (4)

冬至湯

日帰り温泉に行くと
浴槽にたくさんの柚子がプカプカ浮かんでた。

一枚なのに親子に見える
  柚子の葉っぱ。
 
 
 
柑橘系の実がならない雪国でも、柚子湯に浸かれるありがたさ。
 
 しみじみ、温まる。

| | コメント (0)

2013年12月21日 (土)

味噌汁

先週末の宇部~小倉の旅で印象的だったのは、宿で食べた味噌汁。
 
 
 
晩ご飯には豚汁が出た。
ひとくち口に含んだ瞬間『甘味』を強く感じた。具にサツマイモが入っているせいか、まるでコーンスープみたい!
 
『麦味噌だからね、口に合わんかもしれん』福岡在住福ちゃんは心配そうに言ったが、むしろ旅を実感できて美味しかった。
 
 
 
異なる食文化を痛感したのは、具の少ない朝ご飯の味噌汁だった。
 
『やっぱり口に合わん?』福ちゃんは慰めるように聞いた。
 
美味しいんだけど…
コレが毎朝の食卓に出たら、ツラいかもしれないなぁ。あらためて、自分の身体が秋田の味で出来上がっていることが、おかしかった。

| | コメント (0)

2013年12月20日 (金)

明太子パスタ

にんにくの芽とエリンギばかりが目立ちますが

柚子風味の明太子パスタ
 
 
 
柚子胡椒がきいていて
 ワインがすすみます!

| | コメント (0)

2013年12月19日 (木)

大根葉飯

茹でて刻んで冷凍しといた大根葉を、炊きたて玄米ご飯に混ぜてみました。

ごちゃごちゃしてんなぁ
 
 
 
主菜は
鮭とエリンギのソテー
スープは、人参と玉ねぎ
デザートは、林檎

| | コメント (2)

2013年12月18日 (水)

もちろん

 弁当箱の上の段には

おかずが入っている。
 
 
 
玉子焼き竜田揚げの他は
・半月切り茹で大根
・大根皮の甘酢漬け
・大根葉
あとは野菜スープと林檎 
やけに…
 大根率が高いなぁ(笑)

| | コメント (4)

2013年12月17日 (火)

明太子

いただきモノの明太子
柚子風味で美味しうございます。
 
ご飯が進み過ぎる危険がありますれば、毎日のお弁当に一切れだけ!と誓いを立てたところでございます。

 ひい・ふう・み…
  年内は大丈夫。
 
 
 
* ご飯は
秋田こまち白米1:
宮農高ひとめぼれ玄米2

| | コメント (2)

2013年12月16日 (月)

白菜

三萩野運動公園をノルディックウォーキングしていると

でっかい白菜が落ちていた!
 
 
 
実はこれ、公園の遊具。
他にも、キャベツや人参やトマトなんかもあったョ。

| | コメント (6)

2013年12月15日 (日)

ドリトル先生

動物の言葉がわかるドリトル先生。
 
変わった名字だけど
どこの国の話だったかな?…って思っていたら
 
 
 
  Do little
 
へば英語圏だな。直訳すれば『少し働く』て意味だって雑誌に載っていたョ。
 
 
 
 ちょっとビックリ。

| | コメント (0)

2013年12月14日 (土)

枇杷

宇部港近くの公園で…
 
福ちゃん、コレなぁに?

 『枇杷の花だョ』 
 
 
枇杷はお高いので
生涯…まだ2~3回しか食しておりませぬが
 花は初めて見たョ~!
 
『晩秋に花が咲いて冬を越して、それから実になるんだョ』と、あたりまえなように話す福ちゃん。
 
枇杷の味を知らない人生
vs普通に枇杷がある人生
…しばし
旅人の心にひたってみる。
 

| | コメント (2)

オリーブ

宇部市内をぶらぶら歩いていると、見慣れない垣根あり。

 何だべぇ、コレ?
 
福岡在住山仲間、福ちゃんが『オリーブだョ。』と、答えながら落ちている実を拾った。
 
落ちてるの拾わなくても、まだ成ってるョ~!ぱく…
 
 
 
『庭に植えようかと思って。それに、オリーブは生じゃ食べられないでしょう』。
 
もう、食べちゃったんですけど。口中、渋いような苦いような(涙)
 
『まぁ、毒じゃないから』福ちゃんは、あきれ顔で笑った。

| | コメント (2)

2013年12月13日 (金)

おも雪

出勤しようと外に出ると、雪は予想に反し湿気を含んで重く、タイヤが半分潜るほど(35cm)積もっていた。
 
雪がじゃまして
 車のドアが開かない。
 
 
 
職場でも、全員で駐車場を30分雪かき。今年は、初雪がいきなり冬本番なのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぷちっ!

濡れ雪だった昨日とは打って変わって、今朝は粉雪で真っ白な(気温が低い証拠)秋田市です。
 
しかも
夜も明けぬ6時ころから
 ピカッ!
  ドーン!
   ゴロゴロ~!
 
 
 
風は強くないから
まぁイイやと思った瞬間
 
ピカッ!ぷち!ドーン!
 ゴロゴロゴロゴロ~! 
 
ぷち…は
近所の電柱に衝撃があった音?とにかく、ピカッ・ぷち・ドーンが一瞬だったもんでビビりまくり。
 
 
 
雷は一過性だったらしく、その後は静かで寒いだけの朝。

| | コメント (0)

2013年12月12日 (木)

肉味噌そぼろ

豚挽き肉を
 砂糖と味噌で味付け。
 
 
半分はそぼろ弁当に、もう半分はカボチャを煮てそぼろ餡掛けに。
 
 
久しぶりに作ったせいか、なんだか美味しい。
後日再び豚挽き肉購入。
 
 
肉味噌そぼろに、サイコロに切った豆腐と刻んだニラを入れてグツグツ。
見た目は麻婆豆腐だけど、辛くない。
 
 
 
気に入ると、しばらく同じメニューが続く悪い癖。次は、ジャガイモのそぼろ煮でも作ろうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

おもかげ

サンミュージックの相澤秀禎氏の追悼番組で、懐かしい顔を見つけた。
 
 
その少年は、佐渡で大人に混じって地引網をひいていた。旅番組でインタビューされると、麦わら帽子に白いTシャツ姿で眩しそうに沖を見つめながら『あと一年、島で頑張って漁のことを覚えて…』とこたえる。
 
このシーンをテレビで見ていた相澤氏が佐渡にスカウトに赴いた話は有名で、当時雑誌で見てどんなスターになるかと楽しみにしていたが、デビュー当時こそ騒がれたもののヒット曲がなく間もなく姿を消した。
 
歌も踊りもお芝居も、今ひとつ。なにより、ステージ上の笑顔は芸能界用なのか、島でインタビューされた時の真っ直ぐな瞳とは違って見えた。
 
 
 
あれから40年…
車の整備工になった彼に、病床の相澤氏は『オレがお前の人生を駄目にしたんじゃないか』と聞いたという。『親父(相澤氏)に出会えたことは、今でも人生の宝』と答えたと話す彼の目もとに、佐渡で眩しそうに沖を見つめていた時のおもかげがあった。
 
 
 
中森重樹
長い間、私の心のすみにあったシコリがとけた気がした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

朝いち

朝、目覚めると
ファンヒーター灯油切れ。
 
 
今朝は寒くなかったからイイけれど、寝ぼけまなこで給油してて灯油があふれ…大慌て。
 
すっかり目が覚めたョ~ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

龍角散CM

咳を治してくれた御典医(香川照之)に『褒美は何がよい?』と聞く殿様…実は、本物の佐竹北家(角館にある分家)のご当主にして、現秋田県知事。
 
CMでは、褒美に『畑を!』貰った御典医(香川照之)が野草園を嬉しそうに歩きまわり微笑むシーンが。そこは、秋田県八峰町のカミツレ畑。
 
 
 
元々は秋田藩(佐竹家)の藩薬だった龍角散、明治維新後に御典医だった藤井家(龍角散の創始者)に処方が下賜され、一般に販売されるようになったのだとか。
 
かたや現代の秋田県は、高齢化による放棄農地が悩みのタネ。生薬の契約栽培に、県をあげて期待しています!
 
他の製薬会社も大歓迎~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »