« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

こまったちゃん

北泉ヶ岳山頂直下で
『最後尾』と書かれたトレイルラン競技スタッフとすれ違う。
 
山頂で休憩して下山する途中、一人の選手が登って来た。すでに『最後尾』スタッフとすれ違ってから30分以上経っている。ゼッケンもシューズ用タグも付けてるけど…もしや迷子?
 
どうしたのかと尋ねる間も無く、黙々と登って行ってしまった。

とり残されたように
トリカブトが咲いていた。
 
 
 
更に下山すると、また一人登って来た。『ゼッケン付けた人を見かけませんでしたか?』トレイルラン競技は終了したのだが、落とし物をした選手がコースを戻っていて、スタッフはその選手を追い掛けているのだと言う。
 
競技終了後なのに、スタッフにそこまで責任あるのかな?

| | コメント (4)

あらまぁ!

前回は風雨が酷くて行けなかった北泉ヶ岳に向かう。
 
この日は泉ヶ岳~北泉ヶ岳でトレイルラン競技があり、選手が来るたびに登山道の脇に寄り『頑張って』と声をかける。
 と…あらまぁ!
 
先週あきた100Kmマラソンに出場していた青森の女性ランナーだぁ。その色白美人ランナーさんは、とびきり爽やか笑顔で、あっという間に山を駆け下りて行った。

彼女が走り去った登山道脇に、サワフタギの青い実が揺れていた。

| | コメント (0)

北泉ヶ岳

野外センターから水神コースで泉ヶ岳へ。人が多いうえに見晴らしは今いちだが、山頂で昼食。
 
更に北泉ヶ岳へコースを辿ると、見晴らしの良い下り坂にさしかかる。北泉ヶ岳は意外に遠くに見え、頑張っても行くべきか、このまま下山しちゃうか…しばし迷う。

岩場に、小さなホツツジ
 
行っておいでョ!と励ますように咲いていました。

| | コメント (0)

梅干し

せっかく仙台に来たのだから、ひさしぶりに友と会う。
 
杜の都仙台なればオサレなカフェもあろうけれども、某スーパー駐車場にて待ち合わせ。そして滝山銀三号車中にて、周りを気にせず四方山話…しかも、閉店時間の夜11時まで(笑)
 
 
 
翌日は、仙台市郊外にある泉ヶ岳~北泉ヶ岳へ。

友人お手づくりの梅干し
 
 
 
『まだ食べるには早いから、少し置いてから(熟成させて)食べて』と言ってたけど
 
 美味しうございます!
 
 
 
梅干しは、万が一のおまじない用として、山歩きには欠かせない品。ありがとう、大事に食べます。

| | コメント (0)

2013年9月29日 (日)

梧桐

宮城野原公園総合運動場(Kスタ宮城)に行くと、大きな樹があり

 なんじゃこりゃ~!
 
 …な、実が鈴なりに。
 
 
 
弘前城公園緑の相談所の冬芽展示で見たアオギリに似ているけど、こんなに大きくなかった気がする。
 
運動公園ゆえ樹に名札が付いてないし、通りすがりの人に聞いても『さあ?』、公園事務所では『業者さんまかせで』と言う。
 
 
とにかく、秋田では見かけない樹だから、気になる気になる~!
 
 
念のため、アオギリで検索してみると同じ写真が掲載されていた!アオギリの原産地は東南アジアとか。東北でも雪が少なく比較的暖かな仙台は住みやすい街のようだ。
 
 
 
アオギリの別名は梧桐
 
教科書に載っていた
河東碧梧桐の
『赤い椿 白い椿と 落ちにけり』を思い出した。

| | コメント (0)

2013年9月23日 (月)

まっ青

 
 
遠来の友と
 男鹿半島ドライブ

 横しまな入道崎灯台
 
雲一つない秋空に映えて、いいもんだべぇ。
 
 
 
写真手前の北緯40°モニュメント。秋分の日の今日この真西の日本海に、ぽってり大きな日が沈みます。
 
心が綺麗な人には
沈む瞬間『じゅ~っ!』と音が聞こえるとか(笑)

| | コメント (3)

まさに

 
 
 
 天晴れな秋空と
  黄金色の稲穂の波
美味しい秋実りました。
 
 
 

| | コメント (0)

2013年9月20日 (金)

豆名月

夕べは仲秋の名月で
 しかも満月でしたが
 
豆を買い忘れて…県内産アスパラガスを茹でてお月様にお供えしてみました。
 
茹でたてホカホカで
  い~い香り!

| | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

おつかれ

北上駅から帰る途中
 
滝山銀三号の後部より異音が…ネジがとれて、何か固定されているモノが不安定になったような。
 
パーキングエリアに停め車体の下を覗いてみるが、メカ弱にはよく分からん。
 
翌朝エンジンをかけると、やっぱり変な音がする。夕方、黄色い帽子で看てもらうと『マフラーをとめてるネジが一つ無くなっている』と。
 
 
 
ならば新しいネジを付けてくだされ。直ぐに~!
 
 
 
『明日、部品屋に確認のうえ連絡しますが、取付部分がサビているので作業に1日とか時間がかかるかも』とのこと。
 
滝山銀三号ョ、傷は深いが必ずや直してもらうゆえ、気をシッカリ持つのだぞ~。

| | コメント (2)

2013年9月16日 (月)

初入店

田舎は車社会で、男女問わず待ち合わせはコンビニやドラッグストアやスーパー等の駐車場の場合が多く、喫茶店に入ることがありません。
 
だから、姪が
『列車時刻まで、スタバで時間つぶすけど、おばちゃんも行く?』と聞いた時、二つ返事でついて行きました。 
 
最近はやりの外資系コーヒーチェーン店は、初心者には注文が難しいと聞いていましたが

姪が、塩キャラメルラテを注文してくれました。
 
『喫茶店なんて何年ぶりかなぁ』と有頂天になっていると、姉(姪の母親)から電話。
 
『大雨で秋田新幹線運休してるけど、どうやって帰るつもり?』
 
 
 
  何ですと~!
 
 
 
大急ぎで改札口に行き、駅員を詰問。『東北新幹線は大丈夫です。』…ならば、東北新幹線に乗れる岩手県の北上駅まで車で送って行くしかありません。
 
ごめんねと謝る姪に
『おばちゃん久しぶりにドライブ出来て嬉しいョ』と高速をぶっ飛ばす。岩手県に入ると雨も小降りになり、四方山話しながらの楽しいドライブ。姪は、無事に北上駅から帰って行きました。
 
 
 
ふう、やれやれ。
だから…スタバだと思っていた店がドトールだったことなんて、たいした問題ではありません。

| | コメント (2)

おかげ様

友人の結婚式に出席し三次会まで参加した姪は、夜中の2時にご帰宅。
 
あまちゃん見たら、温泉に行ってランチして、それから駅まで送る予定でしたが
 
 まだ…寝ています。
 
 
 
ひとり朝食を済ませたおばちゃんは、暇つぶしに食器棚の整理。
 
茶筒の後ろから、未開封のセイロンティー発見!賞味期間は 2004 0604 ですが、そんなこと気になりません。
 
ティーバックタイプじゃないので、小さめの急須を温めて紅茶を入れ、スペイン製タイルのコースターをカップソーサー代わりに引っ張り出してみました。
 
どれもこれも平成になってから使っていない品々です。
 
 
 
お茶うけに、山歩き行動食の甘納豆をつまみつつ、まったりティータイム。
 
これも、姪が泊まりに来てくれたおかげだなぁ。

| | コメント (0)

2013年9月15日 (日)

めでたい

姪が結婚式にお呼ばれし、その送迎で(実家~美容院~式場~二次会会場~自宅)せっかくの三連休丸つぶれのおばちゃんです。
 
長走り風欠に咲いていた

   ミズヒキ
 
その細い姿は、熨斗紙の水引にさも似たり。

ひとつ一つの花は、下から順に咲いていきます。
 
 
 
台風接近で雨の結婚式となりましたが、若いお二人に幸多かれと祈っています。

| | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

福福ホルモン

写真がないが、この後に能代ネギ焼き(能代特産ネギたっぷりお好み焼き)を食べたら満腹に!
 
グルメブースの全商品を食べ尽くすことはできず、お土産に選んだのは
 
福島県のエゴマ豚を使った

福福ホルモン焼き 400円
 
特製ソースとニンニクで味付けされたホルモンに、千切りキャベツが添えられている。

| | コメント (0)

三種巻き

ジュンサイ生産日本一の三種町(みたねちょう)の

三種巻き(みたねまき)
 
白神あわび茸と言う平べったいエリンギを、地元産の豚肉で巻いて網焼き。

三種フランクフルトは、刻んだ白神あわび茸が入っている。
 
 
 
白神あわび茸の
ジューシーでコリコリした食感が楽しい!

| | コメント (0)

本荘ハムフライ

薄切りハムのフライで街おこしをしている秋田県由利本荘市

 定番のハムフライ

子どもに人気の
チーズ入りハムフライ

マッシュポテトをハムで巻いてからフライにしたの 200円
 
 
 
どこか懐かしい定番の味

| | コメント (0)

まめぶ汁

北の海女でおなじみ

 北三陸の、まめぶ汁
 
あっさり醤油味に
・干し椎茸
・牛蒡
・人参
・蓮根
・油揚げ
・まめぶが3ケ
…で400円。
 
まめぶの中には
甘い餡コ & 刻んだ胡桃が入っています!
 
 
 
秋田県北に
『鶏卵汁』と言って、白玉に甘い餡コ・刻んだ胡桃・胡椒を入れて丸めたモノを、舞茸の澄まし汁にした食べ物があります。
 
北三陸も鹿角も、旧南部藩。時は流れても、受け継がれる郷土の味でした。

| | コメント (0)

おなごりフェスティバル

秋田県能代市では
毎年9月中旬、各地のお祭りを一同にかいした
『おなごりフェスティバル』が開催されます。
 
昨夜(13日、金曜日)は浦安からミッキー達がやって来て、大賑わいだったとか。今夜は、青森ねぶた・秋田竿燈・山形酒田大獅子・岩手さんさ踊り・浅草サンバカーニバル…と賑やかですが
 
今年は桟敷席での見学はなく、ご当地グルメブースを重点的にせめてみたいと思います。

| | コメント (0)

ミコシグサ

 
 
種がはじけた後の形が

御神輿に見えますかぁ?
 
 
 
* 別名、ゲンノショウコ

| | コメント (2)

長走り風欠

青森県境に近い、長走り風欠にやって来ました。
 
 
風欠の冷気のおかげで、国道沿いで気軽に高山植物が観察出来る場所ですが、今は秋の草花が咲きみだれています。

  ゲンノショウコ
 
腹痛の薬草で
『現の証拠』と言われるほど効くらしい(笑)
 
 
 
* 別名は、ミコシグサ

| | コメント (2)

2013年9月13日 (金)

アレルギー疑惑

おととい・昨日・今日と、鼻水が止まらず鼻つっぺで内勤。
 
この鼻水、何故か午前中…しかも内勤中に起こり、午後お客様宅へ伺ったり夕方帰宅後にはおさまる。
 
 
 
同僚曰わく
『アレルギーじゃね?』
 
え!
 職場アレルギーとか?
 
 
 
すると先輩が
『そんたモノ、仕事してれば治る。ほれ、この客くれてやる!』と、新規のお客様の書類を寄越した。
 
押し付けられた書類を整理していたら鼻水がおさまったので、先輩には感謝している(涙)

| | コメント (0)

2013年9月12日 (木)

葛根湯

 
 
会社の常備薬を飲む。
 
一夜明けたら
 スッキリ爽やか~!
 
 
 
…と思ったのも束の間
午前中やっぱり鼻水が止まらず、鼻つっぺ二日目の午後早退する。 

| | コメント (2)

2013年9月10日 (火)

風邪ひいた

クーラー無いから窓全開で寝ていたら
 今朝、くしゃみ連発!
 
 
 
午前中、鼻つっぺで内勤。
昼に一時帰宅し
ババシャツを一枚増量。
 
 
 
目が充血して熱い。
寒気は無いけど
ひいちゃったかな…風邪。
 
 
 
夕ご飯は、生姜粥。
 
羽毛布団に二枚重ね毛布掛けて、首タオル巻いて早めに寝ます。
 

|

2013年9月 8日 (日)

 留山

 
雨上がりのせいか

ブナの樹も
 生き生きとしている。
 
 
 
雨が止んだとたん…
行く夏を惜しむように、いっせいに蝉が鳴きだした。

| | コメント (0)

2013年9月 6日 (金)

冷凍梅酒

去年は実家の梅が豊作で、処理しきれない分は冷凍保存していたのだが、先日その冷凍梅で梅酒を仕込んでみた。
 
梅酒を仕込んだ翌日、たまたま晩酌用ビールを買い忘れたことに気が付いた。肴を揃えてからビールを買いに出るのも億劫で、仕込んだばかりの梅酒瓶からホワイトリカーを拝借しようと…すると
どうしたことでしょう。
 
 
 
もう
梅酒になってるじゃん!
 
 
 
冷凍梅は速く漬かるとは聞いていたものの、3ヶ月かかる梅酒が…と有頂天でグビグビ。まろやかさには欠けるが、色・味・香りともせっかちな飲んべぇには充分な美味さ。
 
完熟梅を冷凍していたのが良かったのかな?と一人悦に入り、グビグビ。
 
ほろ酔い気分で、実家に来年用の梅依頼のメールをすると…
去年は大豊作だったが、今年はほとんど実が付かなかったとか。
 
 
 
この梅酒
 大事に飲まなきゃな。

| | コメント (6)

2013年9月 4日 (水)

おから

嫌いではないけれど
買ってまでは作らない『おから』が
 半額24円で(300g)。
 
ちょうど作ったばかりのヒジキの煮物を半分に分け、一方におから100gを混ぜて煮てみる。
 
 
 
・味は、悪くない。
・量が、増えた。
なにより腹持ちがイイ! 
 
 
 
次は
バター味にしてみるかな。

| | コメント (4)

2013年9月 3日 (火)

とうもろこし

スーパーで豆腐等を入れるペラペラな袋で、簡単お手軽にとうもろこしがチン出来ると聞き、初挑戦。
 
 
 
コツは
袋の口を縛らないこと!
 
 
 
バター味派には不向きだけど、塩味派の人にはオススメ。
 
チンしたら、火傷に注意しながら熱々袋ごとタオルで包んであら熱をとってから召し上がれ。食べ切れない分は、冷めてから袋ごと冷凍。

| | コメント (2)

2013年9月 2日 (月)

鶏団子

鶏ムネ肉をみじん切りし厚手のポリ袋にいれてよく揉み、麺棒で叩く。
 
引っ剥がした鶏皮、ネギの青いとこも、みじん切りして同じ袋に入れて揉み揉み。
 
塩少々を入れて揉み揉み。小麦粉も少々入れて揉み揉み。
 
 
土鍋の干し椎茸と昆布の出汁が沸いたら、スプーンで鶏をポトンポトンと投入。冷凍讃岐うどん・笹掻き牛蒡も入れて、アフアフ食べました。
 
 
 
一雨ごとに、熱々鍋が美味しくなりますね。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »