« いつかすずかけで | トップページ | すずかけの散歩道 »

2013年4月21日 (日)

いざ! すずかけへ

ゴールデンウイークのお一人様宿泊は敬遠される。行くなら今しかないと予約の電話をする。
 
『部屋はありますが、何しに来るの?』と聞かれた。お宅に泊まるのが目的だと説明するのも面倒で、とっさに『裏磐梯の知人に会うため』と答える。オーナーは山ガイドや山スキーガイドもしているそうで、そちらも希望するかと聞きたかったらしい。そうとはしらず、予約電話を入れてから大慌てで裏磐梯に住むはれがさやサンに、口裏合わせのため都合確認のメールをする。
 
 
ペンション『すずかけ』は、裏磐梯の市街地から坂道を登り、さらに奥まった一角にあった。こじんまりしているが、風呂が温泉なのが嬉しい。
 
夕ご飯の時ふたたび
『それにしても、何故ウチに?誰かの紹介?』と聞かれ、数年前秋田放送のラジオで若奥様のインタビューを聞いた話をする。…と、オーナーが『実は私も、親父の転勤で中学高校の4年間は秋田市に住んでいた』と言う。その中学校は家からも近く、今コミュニティーセンターになっている話をしながら
 
しみじみ『泊まる運命にある宿だったんだなぁ』と、ビールがはかどる夜はふけていくのであった。

|

« いつかすずかけで | トップページ | すずかけの散歩道 »

右往左往」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつかすずかけで | トップページ | すずかけの散歩道 »