« ごるでんコメント | トップページ | にくころも »

2012年5月15日 (火)

うずく

見舞いに行くと
腰痛の手術を明後日にひかえた隣りベッドの患者さんに、若い看護婦さんが痛みの聞き取り調査に来た。
 
『重苦しい痛みですか?痛みを数字で言えば、10のうち幾つくらいですか?』
患者『いっつも痛いからなぁ。ん~、4くらいにしておこうかな』
 
『うずくように痛みますか?痛みを数字で言えば…』 
患者『うずくって何?』
 
すると、若い看護婦さんが『私、痛くなったこと無くてわかりません』と言ってしまった(苦笑)
 
同室の患者さん達も
『うずくってよく聞くけど、何って聞かれると…』と、はっきり説明できない。
 
携帯で検索してみると
『脈打つような痛み』とある。
 
あ~!わかる分かる~!
虫歯の時や包丁で指先切った時、ドックンドックンて痛むヤツね!
 
その場に居た皆で
『は~スッキリした!』と、妙に盛り上がってしまったが…
 
看護婦さんが、痛みを経験したことが無いって…まぁ、健康体じゃなきゃ出来ない職業だけどさ。
 
あらたなモヤモヤを抱えて病室をあとにした。

|

« ごるでんコメント | トップページ | にくころも »

五十路の常日頃」カテゴリの記事

コメント

若い人が腰痛なんてならないもんねsweat02

投稿: 鈴蘭 | 2012年5月19日 (土) 19時09分

痛みの度合い…
数字って(笑)


カレーの辛さじゃないんだからー

投稿: みつばち | 2012年5月24日 (木) 10時05分

みつばちサン
痛み方って
・刺すような痛み
・疼くような痛み
・重苦しい痛み
・ちりちりした痛み
・痛痒い…とか
いろいろあるでしょ?

特に年寄りには、言葉や数字じゃあ表現しにくいョねぇ!

投稿: の・いそじん | 2012年5月26日 (土) 10時02分

鈴ちゃん
それョ、それ!
健康体で若い看護職員や医師が、如何に病状を推理するか…医療は、そこにかかっている。

投稿: の・いそじん | 2012年5月26日 (土) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごるでんコメント | トップページ | にくころも »