2017年7月22日 (土)

がっこそば

山形県にある谷口がっこそばは、廃校した金山小学校谷口分校を利用した蕎麦処。

お目当ての、揚げ蕎麦。
 
蕎麦がきの天ぷらで、大根おろしに付けていただきます。

  定番の板蕎麦
 
 
 
体育館をリフォームした蕎麦処の壁には『杉の花粉の飛ぶ空に…』で始まる結城哀草果作詞の校歌の額も健在でした。
 
蕎麦うち体験や、一泊二日の農業体験も可。

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

みのる

雨上がりの里山を行けば

  サンカヨウの実
 
 
 
熟すとブルーベリーのような味がする。

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

まもる

海上保安庁の巡視船しんざんの一般公開に突如あらわれた

地域限定キャラ
 キュウレンジャー!
 
雨天用に傘までカラーを揃えて、抜かりありません。
 
 
 
いろんな人に守られて、今日ものんきに暮らしています。

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

おさる

8月に首都圏からやって来る小さなお客さま達のために、海浜プールの下見に行きました。
 
海辺の細いくねくね道を下りて行くと、青いネットに囲われた畑がありました。猿やニホンカモシカから畑を守るためのネットですが、小さなお客さま達に『食害の事も教えてあげなきゃね』と話していると…
 
 居ました。 お猿!
 
 
 
獣避けネットの外側の畑に、ちょこんと座って何やらモグモグしています。車が通っても逃げません。
 
 
小さなお客さま達に野生のお猿を見せてあげたい反面、厄介者である事も覚えて帰って欲しいものです。

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

イワガラミ

イワガラミの白い装飾花は、花嫁の手袋を想わせる。

白いブーケを持った花嫁
 
 
 

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

あねこむし

真夏日の木陰に、翡翠色

じっと佇んでおりました。
 
 
 
 
 
* あねこむし:カメムシ(秋田弁

| | コメント (0)

2017年7月12日 (水)

湯治場マルシェ

『湯治場マルシェ』のチラシに誘われて、八幡平の銭川温泉に行ってみました。
 
銭川温泉は国道から急坂を下りた川沿いにある、オンドル個室が自慢のこじんまりとした一件宿。
 
湯治場マルシェは、宿の個室ごとにアクセサリー・野菜・陶芸品・木工品・米・日本酒…などを扱う店になっていました。湯治場の個室ですから店としては手狭ですが、売り手と買い手の距離が近いのが魅力。
 
二階会場では青谷明日香さんのライブ開催中で、一階のマルシェ会場にも聞こえて来ました。
 
 
湯治場マルシェは、年に一度の開催。
 
  来年も楽しみ。

| | コメント (0)

2017年7月11日 (火)

第二の人生

秋田港の近くにあった、うどん&そばの自動販売機。

かなり老朽化していますがTVドキュメント72で脚光をあび、道の駅秋田港セリオンリスタ内に居を移し、第二の人生を歩んでおります。

 オススメは、うどん
 
柔らかい麺が、お腹に優しい。この日は、鳴門巻きが二切れ入っていました。
 

| | コメント (6)

2017年7月10日 (月)

花盛り~

八幡平(はちまんたい)が、花の見頃を迎えたらしい。
 さっそくお出かけ。
 
ビジターセンターがある大沼は、ニッコウキスゲが見頃。山頂付近はハクサンチドリ・コイワカガミ・ベニバナイチゴが、八幡沼あたりはチングルマ・ヒナザクラ・ワタスゲ・ヒメシャクナゲ・ミズバショウ・シラネアオイが今を盛りに咲いていました。
 
キヌガサソウ・ミネザクラは終わりかけ。有料駐車場下には、フキノトウがもりもり生えていました。

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

新玉ねぎ

友人の畑でまるまると育った玉ねぎ、毎日ポン酢掛けオニオンスライスで食べていましたが、とうとう最後の一個。
 
火の前に立ちたくないほど暑い休日のランチは、玉ねぎたっぷりレンチン焼きそばにしました。
 
 
蒸し焼きそば麺の袋に小さく穴を開け、袋ごとレンジで2分チン。その間に、玉ねぎをスライス。
 
皿にスライス玉ねぎを広げ、ラップしてレンジで1分チン。
 
皿の上で、麺と玉ねぎと粉末焼きそばソースをざっくり混ぜ、ラップせずレンジで30秒チンしたら出来上がり!
 
 
 
洗い物は皿とお箸だけ~

| | コメント (0)

«おきゅうと